ワーキングホリデーって、昔からあった?

Published by in シンガポール観光 on March 27th, 2013 | Comments Off

ワーキングホリデーって、昔からあった?
俺の周りでは、ワーキングホリデーで海外に行く奴なんて居なかったな。
でも、今は結構そういう話も良く聞く。
勉強も出来て、現地で働けるというのは、とても良いと思うなあ。

もし、自分が今若くて、この制度を知っていたら、それを利用して海外に行ってみたいと思っただろうか?
俺の場合は英語を勉強っていうよりも、やっぱり海外文化に触れたいと思う。
本場のロックってものにも触れてみたいんだ。
今じゃそんなこと無理だから思わないけど、当時だったら考えていただろうな。
まあ、俺の場合は、学生時代は遊びもライブも…もちろん勉強もかなり忙しかったんで、そんなことも考えたとしても実現はしなかったかもしれないな。
今の俺だから、そう思うのかもしれないしね。

ギターを本格的やり始めた高校時代。
ライブもやり始めた大学時代。
俺の歴史にワーキングホリデーが入っていたとしたら、どんな人間になっていただろうな。
なんて考えてしまった。

管理人がおすすめするワーキングホリデーの情報サイトはコレです→<ワーキングホリデー
ワーキングホリデーで海外に行きたいって人は増えると思います。
留学・海外留学のWISH(ウィッシュ) のワ―キングホリデーのページ
働きながら、自分磨きしょう!

ワーホリでシンガポールに来て働く人に出会った!

Published by in シンガポール観光 on March 23rd, 2013 | Comments Off

シンガポールの日本料理のお店に入った。
あんまり和食とかの店に入るつもりはなくて、どちらかというと、屋台みたいなお店で、地元の人たちが食べているような物を食べたいと思っていたんだけれど、やっぱりちょっと高級な落ち着いたところで食べたいと姉が言い出したので、ちょっと高そうな日本料理の店に行ったのだ。
そこで、ウェイトレスをしている女性に声をかけてみた。
俺じゃなくて、姉がね。

日本語が流暢だから、日本人なのかな?
でも、容姿が日本人離れをした、すごくスタイルも良い子だったので、もしかしたら地元の方かな?と。
迷ってしまった、俺も。
で、すぐに思ったことを口に出す姉が「日本の方?」と聞いた。
やはり日本人で、まだ若いようだ。
「ワーホリで来てるんです」と。
シンガポールにワーキングホリデーで来てるんだ~と、俺は関心した。
ってことは、語学を勉強しに来てるんだろうか?
それも、ストレートに姉が聞く。
「はい。それもありますが、将来、こっちで働きたいんです。お店とか出したいんです。」と。
凄いね~。
「大きな夢を持ってシンガポールに来ているんだ。偉いな。」と、心で思っていたら、しっかりと姉が声を出して同じことを言っていた。
しっかり勉強して、店持って欲しい!

管理人がおすすめするワーホリ シンガポールの情報サイトはコレです→<ワーホリシンガポール
シンガポールにワーホリしたい人はチェックしてください。
海外移住情報シンガポール ワークホリデープログラム
制度の改正などもあるので、動く前にチェックし直そう。

男も指と爪のお手入れ

Published by in シンガポール観光 on March 19th, 2013 | Comments Off

会社でちょっと重い物を運んで、手を怪我してしまった。
女子社員がコピー機を動かすと言っていたので、手伝ってやった。
そしたら、怪我。
手と言うか、指だな。
爪も少し割れている。
応急処置として、瞬間接着剤で止めた。
これって大丈夫なんだろうか?
と、考えているうちに、腰もちょっと痛くなってきた…。
もうオッサンの体なんだろうなって思うと悲しい~。

シンガポールで、実は俺も泊まったホテルでネイルをやってもらった。
塗ってもらったんじゃなくて、トリートメントみたいなやつ。
すごく綺麗な指と爪、手全体も。
綺麗な女の子に、手や爪をトリートメントしてもらう時間は至福だったな~。
姉とカップルということにして、トリートメント受けたんだよ。
カップルじゃないと男は受けられないようだったから。
ちょっと凹む(笑)

たまに女の子が好きなタイプの男として上げる「指のキレイな男性」に、今だけ限定でなっている俺。
なのに怪我かよー!
せっかくの武器なのに。
日本では、男のネイルサロンなんて無いよね。
エステで手とか爪もやってくれるのだろうか。
また調べてみるのもいいかもしれない。

管理人がおすすめするネイル シンガポールの情報サイトはコレです→<ネイルシンガポール
シンガポールの経済ビジネス情報も知っておこう。
NNA.ASIA
かなりいろんなシンガポール情報が手にはいります。

やはり女性が満足のシンガポール!エステ最高らしい

Published by in シンガポール観光 on March 15th, 2013 | Comments Off

シンガポールに旅行に行ってきました。
女性とね。
女性と言っても…。
実姉とですけど、何か?

アラフォーになるけれども、まだ独身の姉。
それこそ、独身を謳歌していて、ちっとも結婚する気もないし、結婚していないことにも後ろめたさを感じていない。
俺のほうが後ろめたいと感じているくらいだし。
まあ、いい。
旅費も自分の分を出すっていうし、全部割り勘するって言ってるし。
まあ…俺も行く相手をゲットできなかったし、男友達と行くのもな~と思っていたところだったから、ちょうど良かったのかな。
でも、姉だからね、女といっても。

しかし、姉はシンガポールをたっぷりと楽しんだようだ。
エステ三昧。
そりゃ楽しいだろう。
俺もエステすれば良かったかな。
ツルツルの肌の良い男になって、帰ってきたらモテモテだったかも。
脱毛もやってるのかな?
ヒゲ抜いてもらおうかな(笑)
もちろん冗談ですけども。

帰ってきて、久々にギターを弾いた。
やっぱり俺のギターは良いね。
期待を裏切らない良い音を奏でてくれる。

管理人がおすすめするエステ シンガポールの情報サイトはコレです→<エステシンガポール
シンガポールは良い国だけども、日々色々と起こっている。
時事速報シンガポール
こういう所もチェックしておこう。

品川でボウリング!デートにも良いと思う

Published by in 娯楽 on March 11th, 2013 | Comments Off

俺はギターが好きだけれども、音楽だけしかやらないわけじゃない。
スポーツだって、結構やったりするんだけど、イメージじゃないみたい。
といっても、ジョギングしたり、スポーツクラブで地道に筋トレとかは嫌い。
楽しみながらやるものじゃないとダメ。
きっと、筋肉を付けるということが趣味になれば、がんばって筋トレできると思うけれども、今の俺には無理。
スポーツもゲーム感覚で出来るものじゃないとハマれない。

例えばボウリングとかね。
品川プリンス内のボウリング場に、前は良く行った。
しかし、駅前のホテルでしかもボウリング場まであるって凄いよな。
でも周り見渡してみると、意外と居るんだよね、ひとりボウリングの人たちも。
ひとりでフォームの矯正とか、投球練習とかしてるんだろうね。
黙々とやっていて、なんか渋い!って感じする。
あんな風に思い通りに球筋がコントロールできたらいいな、

でも俺はボウリングは大好きだけど、ひとりでやるのは勘弁。
やっぱり、みんなでワイワイやったり、女の子と二人きりでやったりしたいもんだ。
品川のボウリング場なら、そのあといろいろと楽しめそう!
ホテルのレストランもあるし(笑)

今は結構プロボウリングも熱いみたいですね。
プロボウリング情報
女子プロボウラー可愛いっす。

なんかむらむらしてきたから品川デリヘルで遊んでくるか。

 

横浜アリーナでのコンサートを思い出した。素晴らしく良い会場!

Published by in 娯楽 on March 7th, 2013 | Comments Off

横浜っていったら「ゆず」の本拠地だ。
ストリートミュージシャンから、ああやって日本を代表するアーティストになるなんて、本当に凄いと思う。
ギターと声で、一世を風靡したわけだ。
曲も声も最高だし、支持を受けるのもわかるなあ。

ところで横浜というと、どうしても横浜駅周辺を思い浮かべてしまうけれど、新幹線が停まる駅は「新横浜」なんだよね。
新横浜の駅っていつできたんだっけ?
俺が一番最初に新横浜の駅で降りたときには、本当にな~んにもない駅だった。
とりあえず、駅ビルというか駅の周りには施設があったけど、何もなくて殺風景だったのを思い出す。

そのころは、あるアーティストのライブを観に「横浜アリーナ」に行った。
まだ出来たばかりの横浜アリーナは、音が良くて音響も良いと評判だった。
最近の大物来日アーティストって、横アリでライブなんかやってるん?
どうなんだろう。

今や横アリ周辺も沢山の店が出来て、賑わっている。
すっかり周囲の風景も変わってしまった。
そして、俺もあの頃とは全然違うな~と思った。

海外大物アーティストから、日本のアイドルまで幅広いコンサートが開催される。
横浜アリーナ
音響も設備も良い

横浜アリーナの事を考えると興奮して横浜デリヘルに思いを馳せてしまう。
不思議な気分だ。

新宿御苑でノンビリしたい。ギターを家に置いてね!

Published by in 娯楽 on February 27th, 2013 | Comments Off

夜中にスタジオに入って、そのまんまカラオケ屋で一晩を明かした。
男5人。
なんとも、むさくるしい光景。
朝、皆と別れて、ちょっと良い空気を吸いたくなって、散歩でもすっかーと一人で歩きだした。
ちょうど、朝の9時過ぎごろで、まだ通勤の人たちなんかが歩いている時間で、皆が足早な感じだったので、釣られて速足になったりする。
いつの間にか、新宿御苑近くに来ていた。

御苑入ろうかな…。

しばらく御苑にも来てないから、ちょっと中入ってみっか。
と思ったんだけど。
ちょっと考えてしまった。
確か…

・入場料が200円かかる。
・楽器の演奏禁止

これが頭の中をよぎった。
まあ、200円くらい良いんだ。
ゆっくりと自然の中で過ごしたいだけだから。
でも、楽器禁止の場所に、この背中に背負ってるギターをそのままで入るのは気が引けた。
もちろん演奏なんかしないけど。
入ってすぐに「おきゃくさーん、楽器禁止だよー」なんて注意されたくないしね。

ってことで、その日は止めて、またゆっくり来ることにした。
帰宅して、横になって目が覚めたらもう夜だった(笑)

有料じゃなきゃ、もっと気軽に行けるんだけどな~と思います。
新宿御苑
ノンビリできるし、新宿から歩いていけてサクラの時期なんかも最高の公園です。

そして新宿御苑の近くにいるとなぜか無性に新宿デリヘルを利用したくなる。俺は正常か?

仙台作並温泉で美女つくりの湯を堪能!女性にお勧め!

Published by in 娯楽 on February 23rd, 2013 | Comments Off

ちょい前の3連休を利用して、温泉に行ってきた。
うん。
そう、女の子とね!

と、言いたいところだけれども、彼女は脳内にしないない(笑)
とりあえず、男友達と下見ということで来てみた。
いや、冗談はさておき、本当に最近は肩こりや首や背中、いろいろとバキバキで辛くて。
「温泉でもいくべえか~」との男友達の誘いに、俺が乗ったという形だ。

しかし~。
久々にゆっくりと温泉に浸かって、本当に疲れが取れた~。
まあ、2~3日くらいしか持たないとは思うんだけど、体全体がほぐされた気がするよ。
温泉ってやっぱり効くんだなって実感した。
今回は作並温泉という、仙台市内になる温泉だ。
仙台駅からは、電車だと30分くらいかかるんだけど、本当に良い所で、もちろん良いお湯だ。
温泉の特色を見たら「美女作りの湯」となっていた!!
俺!美女になっちゃうの?(笑)
なんておふざけを言いながら、楽しい旅になった。

次は「美女つくりの湯」に行かない?を餌に、仙台の作並温泉に女の子を誘ってみよう。
うん、きっと良い結果がでるに違いない!

すごく良い湯ですよ。気持ち良かった。
作並温泉旅館組合
美女作りの湯だということで、若い子にも熟女にもお勧め。

美女というと仙台のデリヘルは良かったな~
あっ、独り言です。

札幌の生とうもろこし!甘くて絶品!本場で食べたい!

Published by in 娯楽 on February 19th, 2013 | Comments Off

最近流行っている、野菜の専門のレストランに行った。
女の子はこういうの好きだよな。
「行く?」と軽く誘ってみたら、すぐにOKだ。
やっぱり、日々、女の子の好きな物をりサーチしておくことは、絶対に効率を上げている。
もっとリサーチしないと!(笑)
タイプじゃない女の子だけれど、やっぱり男と行くよりも、若い女の子のほうが100倍良いに決まってるもんなー。

そこにはサラダバーがあって、コップみたいなグラスに、まるでパフェみたいに野菜を取って入れて行くんだ。
ほんと、女の子好みの店だわ。
俺も野菜をグラスに詰め込んで、沢山食べた。
かなり美味い。
そして、俺は初めて「生とうもろこし」を食べた。
甘くて超美味い!

一緒に行った女の子に聞いた話だと、
「生とうもろこしだったら札幌とかで、普通に食べられるんだよ~。もちろん季節もあると思うけど~。」だそうだ!

なんと!札幌で!
もちろん言った。
「じゃあ、今度、生とうもろこしを食べに札幌行こうよ。俺と!」
一瞬ポカーンとして、そのあとげらげら笑って
「なんで~?やだよー。無理無理~。」だって(笑)

言うだけならタダよ!断られても全然平気。
やはり俺には女よりギター抱いてるほうが似合ってるのか。

札幌の物産展があると、つい言ってしまう。
札幌物産協会
つぎはどこでやってるかな?

話はかわるけど札幌と聞くと札幌・すすきののデリヘルを利用したくなるよな。

大阪ってお笑いのイメージ大きい?切り札にもなる!

Published by in 娯楽 on February 11th, 2013 | Comments Off

実は出身が大阪の俺。
でも、大阪が出身っていうのは隠しているのだ。
何でかっていうと…。

学生時代に「俺、実は出身は大阪なんだよね。」と言ったら、やたら笑いを求められるようになったの。
大阪出身だったら、常にボケには突っ込むし、いつボケるかとか考えてるって思われてるみたい。
俺なんか大阪出身だけど、幼稚園までしかいなかったんだから、大阪人の特徴なんか持ち合わせてないっつーの。
そのことが有ってから、大阪生まれっていうことは言わないようにしてんの。

そういえば、大阪生まれって言ったら「だから面白いんだ。でも大阪弁じゃないじゃん。」なんて言われたこともある。
実は大阪弁は使おうと思うと使えるし、親と話すときには微妙にイントネーションが大阪弁なんだ。
だから、女の子と話をしていて「関西が好き」とか「大阪が好き」なんて効くと、ちょっと大阪弁使ってみたりして(笑)
以外と大阪人ってモテるみたい。
でも、普段は隠しとかないとね。
最終兵器として使えるから、隠しておくの。

大阪弁って歌にも良く乗るし、雰囲気でるから良い曲が多いと思う。
上田正樹さんの「悲しい色やね」とかね。
久々にギターで弾いてみたり。

「悲しい色やね」の歌の舞台ともなった港のホームページ
大阪南港カーフェリー
ここをみていたら、船で旅したいと思ってしまった。

ああ、でも大阪と聞くと大阪デリヘルが恋しくなる。これも男の性か。

 

© 大阪デリヘルでギターを愛する江田
CyberChimps

www.gopvi.comwww.gopvi.comwww.gopvi.com